キャバクラの面接に落ちる理由とは?採用されるには何を変えるべきか

「キャバクラは誰でも働ける仕事」だと思ってはいませんか?

もちろん比較的始めやすい仕事ではありますが、場合によっては「面接で落ちて希望のお店で働けない」ということも十分にあり得ます。

そこでこの記事では、キャバクラの面接で落ちる理由や、採用率を上げるためのポイントを解説していきます!「なぜかキャバクラの面接で何度も落ちてしまう」という方は、必見ですよ。

目次

キャバクラの面接で落ちる理由一覧

まずは、キャバクラの面接で落ちる理由を解説していきます。

ルックス

キャバクラで働くにあたって、ルックスは重要視されます。特に高級店であるほど、求めるルックスの基準も高い傾向です。

あまりにも面接で落ちてしまう…という場合は、一度働きたいお店の料金設定を確認してみましょう。不本意かもしれませんが、お店のレベルを下げることで採用される可能性は十分にありますよ。

年齢

キャバクラでは、お店ごとに「コンセプト」があります。そのひとつが年齢です。

極端な例ですが、「20代の女の子がたくさん働くフレッシュなお店!」がコンセプトなのに、30代半ばの女性が面接にきたらどうでしょう。「ちょっと、うちのお店には合わないかな?」と採用担当の方に思われても仕方がありませんよね。

さすがに「○歳以上はキャバクラでは働けない!」という明確な決まりはないですが、お店ごとに求めているキャストの年齢層は違います。

求人欄には、「応募対象:○歳~○歳の方」というように記載されている場合もあるので、必ず確認しておきましょう。

コンセプトに合わない

先ほど、「お店ごとにコンセプトがある」とお伝えしましたが、それは年齢だけではありません。

たとえば、

・ワイワイ騒ぎながら飲めるお店
・落ち着いた女性との会話を楽しむお店

このように、キャバクラはお店によってコンセプトが全然違います。

ゆめ
もちろん、お客様のターゲット層も全然違うよ!

「ワイワイ騒ぎながら飲めるお店」では若くて元気のいい女の子を採用したいでしょうし、逆に「落ち着いた女性との会話を楽しむお店」では、落ち着いた大人な女性を採用したいですよね。

あまりにもお店のコンセプトに合わなければ、不採用になる場合もあるので要注意です。

希望が高すぎる

面接の際に、あまりにも無茶な希望を伝えてはいないでしょうか。たとえば、「週に1日しか出勤できないけど、時給は◯千円以上欲しい!」など。

よっぽどのルックスの持ち主や、キャバクラでの実績がある場合は希望が通るかもしれませんが、そうでない限りは、「値打ちをこいている女の子」として扱われてしまう可能性もあります。

ゆめ
一緒に働きたくないって思われてしまうこともあるよ

高時給+高待遇で働きたい気持ちはわかりますが、非現実的な希望を伝えるのはやめておきましょう。

出勤日数など条件が合わない

「できる限りマイペースに働きたい」「本業があるから、キャバクラにはあまり出勤できない」という方も、キャバクラで働いている女の子には珍しくありません。

もちろん出勤日数が少なくても働けますが、お店によっては歓迎されない場合もあります。お店によっては「出勤ノルマ」を設けている場合もあるので、必ず求人情報を確認しておきましょう。

あわせて読みたい
キャバクラのノルマにはどんな種類があるの?達成できない時の罰とは キャバクラでは、お店によって「ノルマ」が設けられています。 キャバクラ未経験の方の中には、「どんなノルマがあるんだろう」「ノルマって達成できなかったら、どうな...

あまりにも条件が合わない場合は、不採用となることもあるからです。

ゆめ
副業としてキャバクラで働きたい人は、終電上がりが可能かどうかも確認しておくのがオススメ!

人気店・高級店に応募している

「どうせキャバクラで働くなら人気店や高級店で働きたい」と、応募するお店を絞ってはいませんか?人気店や高級店は面接を希望する女の子も多いので、自然と倍率が高くなっていることが多いです。

加えて採用基準を厳しく設けていることも多いので、大衆店で働くよりもかなりハードルが上がります。

もし、「人気店や高級店をメインに応募しているけど、なかなか採用されない」というのであれば、一度大衆店を検討してみるのもオススメですよ。

ゆめ
大衆店で実績を積んでから、人気店や高級店に移籍するのもアリ!

キャバクラの面接で採用されやすくするには?

では、実際にキャバクラの面接で採用されやすくするには、どうすればいいのでしょうか。

ここからは、面接時に気をつけておきたいポイントを3つご紹介していきます。

髪型・体型・メイクを見直す

まずは髪型やメイク、体型を今一度見直してみましょう。

たとえば、

・ショートヘア→エクステをつけてロングヘアに!
・ナチュラルメイク→濃いメイクをしてみる

など、いつもと少し雰囲気を変えてから面接に行ってみましょう!

ゆめ
さすがに体型はいきなり変えられないから、できるだけスタイルがよく見える服装を選べばOK♪

「いきなりイメチェンは難しい」という方は、ヘアセットをしてから面接を受けるのがオススメです。

きちんとヘアセットをしてから面接に来る女の子は意外と少ないので、採用担当の方に好印象を与えられますよ。

高望みしない

キャバクラで採用されるためには、高望みをしないことも大切です。「絶対に時給○千円以上で働きたい!」と、自分のレベルに合っていないお店の面接を受け続けるのは、あまりオススメできません。

お店が求める条件に合わせる

キャバクラの採用基準はルックスだけではありません。

たとえば、

  • レギュラー出勤できる
  • 週末を固定出勤日にできる

など、お店が求める条件に合わせられる女の子は採用率が上がります。

もちろん無理してまで合わせる必要はありませんが、可能な限りお店の意向に沿った返事ができるといいでしょう。

ゆめ
次に面接を受けるお店を探す際におすすめのサイトを以下の記事にて紹介しているので、合わせて読んでください。
あわせて読みたい
【Q&A】新宿歌舞伎町のキャバクラの時給相場や特徴を教えて! キャバ嬢として一度は憧れるエリアといえば、多数の有名嬢が勤務している「新宿歌舞伎町」ではないでしょうか。 近年では外国人の観光客も多く見かけるようになり、歌舞...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる