キャバ嬢が実践する二日酔い対策3選!あの辛さから解放されよう

連日お酒を飲むキャバ嬢にとっての大敵といえば、「二日酔い」ですよね。

あまりにも二日酔いが酷いと出勤できない事態にもなりかねないので、しっかりと対策はしておきたいところ。

そこでこの記事では、キャバ嬢が実践する二日酔い対策をご紹介していきます!簡単にできることばかりなので、二日酔いに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

目次

キャバ嬢が二日酔いする原因

二日酔いになる大きな原因と言われているのが、「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質です。

ゆめ
アセトアルデヒドは、タバコの煙にも含まれている有害物質のひとつだよ!

体内に取り込まれたアルコールは肝臓で分解され、その過程でアセトアルデヒドが産生されます。本来であれば、肝臓がアセトアルデヒドも一緒に分解するのですが、大量にお酒を飲んでいると分解処理が間に合わず、そのまま血中に流れ出てしまうのです。

この血中に流れ出たアセトアルデヒドが、吐き気や頭痛などの二日酔いの症状を引き起こします。

キャバ嬢たちが実践する二日酔い対策3選

ここからは、キャバ嬢たちが実践する二日酔い対策を3つご紹介していきます!

水分補給はこまめに行う

お酒を飲んでいると、トイレが近くなることはありませんか?これはアルコールによる「利尿作用」が働いているからですが、実は脱水症状を引き起こす原因になっています。

脱水症状を防ぐためにも、お酒を飲んでいる時は、小まめに水分補給を行いましょう。

オススメは、お酒を1杯飲むごとに同量の水を飲むようにすること。レディースグラスに水を入れて、いつでも飲めるようにしておいてください。

空腹のままお酒を飲まない

出勤前にバタバタしていて、何も食べられなかった…ということがあるかもしれませんが、空腹の状態でお酒を飲むことだけは絶対にやめましょう。

というのも、空腹時にお酒を飲むとアルコールの吸収率が上がり、酔いが回りやすくなってしまうからです。

そこでオススメは、お酒を飲む前にチーズなどの乳製品を食べること。乳製品に含まれているタンパク質が肝臓の働きを補助するため、酔いも回りにくくなります。

ゆめ
出勤前に食べられなかったら、お客様にチーズ盛りをオーダーしてもらおう!フードバックも入って二日酔い対策もできて、まさに一石二鳥!

肝機能を高める栄養ドリンク・サプリを飲酒前に服用

「飲み席の予定があって、たくさんお酒を飲むことが確定している」という日は、前もってヘパリーゼなどの肝機能を高めるサプリや、栄養ドリンクを服用しておきましょう。

お客様の分も用意しておいて、それとなく渡すと喜んでもらえますよ。

二日酔いになってしまったら?

もし二日酔いになってしまったら、まずは胃に優しいものを食べて安静にするのが1番。

食べるものとしては、

  • おかゆ
  • うどん
  • お味噌汁

などがオススメです。二日酔いになった時のために、常備しておくといいでしょう。

また、どうしても耐えられない場合は、市販薬を服用するのもひとつの手です。症状別にオススメの市販薬をまとめておくと、

頭痛 アルピタンアルピタン
胃が気持ち悪い時 大正漢方胃腸薬
二日酔い ハイチオールCプラス

以上の市販薬がオススメです。

一口に「二日酔い」と言っても、人によって症状はさまざま。その時の症状に合わせて薬を選んでみてくださいね。

特に、ハイチオールCプラスは二日酔いの症状の緩和だけでなく、美容にも効果が期待できるのでオススメです。薬局で手軽に購入できるので、ぜひ試してみてくださいね。

薬には飲み合わせがあります。ここで紹介した市販薬はあくまでも参考程度に留めておいて、できれば薬剤師さんと相談しながら薬は購入しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる